不動産ファンドで資産運用するなら、不動産特定共同事業法商品の比較を!

資産運用でお悩みの方へ、不動産ファンド比較ナビ

いざ資産運用を考え始めても、一体何に投資をすれば良いのか分からない方がほとんどだと思います。また、投資すると言う事におけるメリットとデメリットを比べるにしても、何を比較すれば良いか分からない・・・故になかなか踏み出せない人も多いと思います。

このサイトでは、資産運用の中でも不動産特定共同事業法をベースにした不動産ファンド商品を比較し、リスクが少なくより増やせる不動産ファンド商品、不動産特定共同事業法商品についてまとめています。

国債や定期預金での資産運用を考える

資産運用を考えた時に、何に投資をすべきかが最初の悩み所です。例えば、国債や定期預金を考えた時に、一般的には変動しない(しにくい)ものとして認識されています。国債においては国の借金であるため、倒産もありえません。ただし、満期を待たなければなりません・・・。これらは、元本が保証されると言う点においては、安全性バツグンの商品といえるかと思います。ただし、ご存知の通り利回りが低い・・・これを収入源にまでしようと考えるのはあまりにも無茶な話です。

要約すると、国債や定期預金で資産運用をする場合
・元本は保証される
・安全性はバツグン
・投資としては全く旨味ナシ
と言ったところです。

一方、不動産投資の様に、利回りが大きく、上手く運用する事で大きな収入に繋げる事が可能な投資もあります。ただし・・・不動産投資で収入を得るまでには多くの勉強が必要になり、初期投資(場合によっては借り入れ)も必要になります。また、いざ購入した不動産を売却すると決めたとしても、これもなかなか難しい話です。

不動産投資とはどのような投資か?

そもそも不動産投資とは、一般的に変動が大きい投資商品として位置づけられています。変動とは、例えばマンションを購入し、誰かにそれを貸す事で賃貸収入を得る事を考えた場合に、そのマンション(不動産)を所有している事で必要な経費が色々とかかってきます。水道光熱費や税金など、購入した時点で確実に決まっていないモノも多くあります。さらに、誰かが常にそのマンションに入居してくれているとも限りません。この様に不動産投資とは、初期投資も大きく、運用するための知識も必要な投資です。

リスクを減らした不動産投資という考え方

なかなかハードルが高い不動産投資ですが、世の中にはこの難しい不動産投資をとても簡単にした「REIT」や「不動産ファンド」や「不動産特定共同事業法商品」という商品が存在します。

→ REITについては「J-REITとは?」をご覧ください。
→ 不動産ファンドについては、「不動産ファンドとは?」をご覧ください。
→ 不動産特定共同事業法については、「不動産特定共同事業法商品とは?」をご覧ください。

不動産特定共同事業法商品のご紹介

不動産ファンド比較ナビでは、不動産特定共同事業法に基づく、不動産ファンド・資産運用商品を数銘柄ご紹介しています。不動産特定共同事業法商品は、比較的安定した資産運用をお求めの投資家向きの商品といえます。

商品 ポイント
マリオンボンド 出資金額や分配回数が商品によって選べるのが特徴。営業・販売会社が不動産賃貸業を中核として実績を積み上げているので、信頼度は高めと言える。
みんなで大家さん 申込手数料がかからず、高い想定分配率が特徴。これまでの販売物件数や償還実績もあることから、運用部分の安全性・信頼度はある程度確保できる。
住友サーフ 営業・販売会社の信頼度はかなり高いと言える。想定分配率は低めだが、商品の人気が高いのが特徴。初心者向けの堅実な商品と評価できる。
ウイングトラスト 高い想定分配率が特徴。販売物件数が他と比べて少ないことが不安要素でもあるが、利回り重視の資産運用には適している。
インベストプラス 中途解約不可能型で想定分配率が低めながら、商品の人気が高いのが特徴。会社の信頼性とこれまでの運用・償還実績から安全性を重視する方には適していると言える。

各ページで紹介している比較内容は、当サイトが調査した時点の内容です。新商品の発売、発売商品の販売終了、商品内容の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。なお、商品毎に該当するHPへのリンクを掲載しています。最新の情報はそちらよりご確認ください。

↑ ページの先頭へ

不動産ファンド、不動産特定共同事業法について勉強しています
比較大好き不動産ファンド不動産特定共同事業法について勉強しています

不動産ファンドで資産運用

不動産特定共同事業法商品