不動産ファンドで資産運用するなら、不動産特定共同事業法商品の比較を!

不動産ファンドとは?

「ファンド」とは、複数の投資家から集めた出資金をまとめて、投資対象へ投資を行い、そのリターンを投資家へ、出資金に応じて分配する仕組みのことをいいます。つまり「不動産ファンド」とは、不動産を投資対象としているファンドのことで、不動産へ投資するための仕組みということもできます。

不動産ファンドの特徴

不動産ファンドの場合、不動産への投資は一人ではなく、不動産へ投資の意思のある複数の人々が集まり、共同で一つの不動産に投資します。そこで得られた利益、いわゆる家賃収入から経費を差し引いた金額が、投資家たちの出資金に応じて分配されます。不動産へ出資するという、同じ目的をもつもの同士が集まった「組合」のようなものと考えると、わかりやすいかもしれません。

不動産ファンドのメリット

不動産ファンドのメリットとしては、個人では不可能な高額物件に、小額で投資ができるという点です。複数の投資家で組合的に投資を行えるので、一人が背負う初期投資のリスクは軽減されます。なお、高額物件はその家賃も高く、テナントしても支払能力の高い企業が入り易く、より安定した見返りが期待できます。また、分散投資が可能であるという点もメリットです。不動産ファンドとして、複数の投資家から資金を集めることで、複数の不動産への投資(分散投資)が可能になります。収益は複数の投資家に分配されるため、一人当たりに入る額は少なくなりますが、大きな損失を得るなどのリスクを回避できるため、不動産ファンドは堅実な方法であると言えます。

不動産ファンドのデメリット

不動産ファンドのデメリットとしては、一人で不動産投資を行う事にくらべて、大人数の投資家を管理するための経費、例えば各投資家への報告書の送付、契約書の作成、保管など、ファンドを運営していくためのランニングコストを負担する分、受け取れる分配利益は減少します。

不動産特定共同事業法商品のご紹介

不動産ファンド比較ナビでは、不動産特定共同事業法に基づく、不動産ファンド・資産運用商品を数銘柄ご紹介しています。不動産特定共同事業法商品は、比較的安定した資産運用をお求めの投資家向きの商品といえます。

商品 ポイント
マリオンボンド 出資金額や分配回数が商品によって選べるのが特徴。営業・販売会社が不動産賃貸業を中核として実績を積み上げているので、信頼度は高めと言える。
みんなで大家さん 申込手数料がかからず、高い想定分配率が特徴。これまでの販売物件数や償還実績もあることから、運用部分の安全性・信頼度はある程度確保できる。
住友サーフ 営業・販売会社の信頼度はかなり高いと言える。想定分配率は低めだが、商品の人気が高いのが特徴。初心者向けの堅実な商品と評価できる。
ウイングトラスト 高い想定分配率が特徴。販売物件数が他と比べて少ないことが不安要素でもあるが、利回り重視の資産運用には適している。
インベストプラス 中途解約不可能型で想定分配率が低めながら、商品の人気が高いのが特徴。会社の信頼性とこれまでの運用・償還実績から安全性を重視する方には適していると言える。

各ページで紹介している比較内容は、当サイトが調査した時点の内容です。新商品の発売、発売商品の販売終了、商品内容の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。なお、商品毎に該当するHPへのリンクを掲載しています。最新の情報はそちらよりご確認ください。

↑ ページの先頭へ

不動産ファンド、不動産特定共同事業法について勉強しています
比較大好き不動産ファンド不動産特定共同事業法について勉強しています

不動産ファンドで資産運用

不動産特定共同事業法商品