不動産ファンドで資産運用するなら、不動産特定共同事業法商品の比較を!

J-REITとは?

REIT(リート)とはアメリカで生まれた考えで、投資家を募り集まったお金で、商業施設やマンションなど複数の不動産を購入し、そこで得た家賃収入や売買益を分配するという仕組みです。日本では、JAPANのJを頭につけて、J-REITと呼ばれています。

J-REITの特徴

J-REITは、不動産投資法人と言う、言わば一般的な会社と同じ形態で運営されているのが特徴です。会社であれば株を発行しますが、J-REITにおいては、投資証券を発行し、投資家は、この投資証券を購入します。投資家から集めたお金は、不動産を運用することで、収益をあげることを目指します。J-REITは、金融機関からの融資もうけることができますし、投資法人債という、一般的な会社でいうところの社債を発行し、それを元手に資金調達を行う事もできます。また役員会があったり、投資主総会といった、一般的な会社での株主総会と同じ様なものもあります。

J-REITのメリット

J-REITのメリットとしては、個人による不動産投資と比べ、より大きな対象不動産物件に対して投資することができます。また、不動産投資法人として法人化されて運用していることで、経営の目が行き届き易く、安定しています。また、対象不動産が大規模のことが多いため、急な劣化や、商業施設のテナントの動きへの対応も任せる事ができるため、安定感がある点です。また、利益は家賃収入が主なため、利回りが出やすいということが言える仕組みです。その点では、株の配当より魅力があります。

J-REITのデメリット

J-REITのデメリットとしては、株価にあたる投資口の変動が激しい点が挙げられます。分配金は一定で、分配金を割る投資口が配当金になるため、配当利回りは動きます。不動産の収益が上がっていようがいまいが、市況に大きく左右されるという性格があります。ちなみに、日経株価とJ-REITの金額を比較すると、ほぼ同じ値動きをとる可能性があります。

不動産特定共同事業法商品のご紹介

不動産ファンド比較ナビでは、不動産特定共同事業法に基づく、不動産ファンド・資産運用商品を数銘柄ご紹介しています。不動産特定共同事業法商品は、比較的安定した資産運用をお求めの投資家向きの商品といえます。

商品 ポイント
マリオンボンド 出資金額や分配回数が商品によって選べるのが特徴。営業・販売会社が不動産賃貸業を中核として実績を積み上げているので、信頼度は高めと言える。
みんなで大家さん 申込手数料がかからず、高い想定分配率が特徴。これまでの販売物件数や償還実績もあることから、運用部分の安全性・信頼度はある程度確保できる。
住友サーフ 営業・販売会社の信頼度はかなり高いと言える。想定分配率は低めだが、商品の人気が高いのが特徴。初心者向けの堅実な商品と評価できる。
ウイングトラスト 高い想定分配率が特徴。販売物件数が他と比べて少ないことが不安要素でもあるが、利回り重視の資産運用には適している。
インベストプラス 中途解約不可能型で想定分配率が低めながら、商品の人気が高いのが特徴。会社の信頼性とこれまでの運用・償還実績から安全性を重視する方には適していると言える。

各ページで紹介している比較内容は、当サイトが調査した時点の内容です。新商品の発売、発売商品の販売終了、商品内容の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。なお、商品毎に該当するHPへのリンクを掲載しています。最新の情報はそちらよりご確認ください。

↑ ページの先頭へ

不動産ファンド、不動産特定共同事業法について勉強しています
比較大好き不動産ファンド不動産特定共同事業法について勉強しています

不動産ファンドで資産運用

不動産特定共同事業法商品